1

【笹倉山に登ってみた】霧の中の登山・笹倉山へ

2016年のゴールデンウイークは、平日が二日挟まるものの、全部つなげれば11連休という、まさにゴールデンな週。後半は既に登山の予定が入っていたので、前半で実家に帰ることにしました。今回は、まもなく受験の子供達にかかりきりになる予定の姉と二人での帰省。久々に実家に家族が集結することとなりました。

こまちで帰省します

こまちで帰省します

我が家は元祖山ガールの母と、母に追随する形で登山を始めた父がいます。私の実家がある宮城は、そこそこ都会ながらも、ちびっと車を走らせれば自然のど真ん中に行ける土地柄。私が住んでいた頃は、たとえば土日の朝に雪のコンディションがよさそうなら、そこから電話で連絡をしあって、サービスエリアで合流して、スキーやスノボに出かけ、昼過ぎには引き上げて温泉に入って早めの帰宅、なんていう、東北の人には当たり前でも、東京のスキー好きの人にはうらやましがられる生活をしていました。

車窓の風景。トンネルが多いのでシャッターチャンスは少ない

車窓の風景。トンネルが多いのでシャッターチャンスは少ない

なので帰省すると、ちゃんと足で登るかどうかは別にして、大抵1日は山へ行っておにぎりを食べてきたりすることがよくあったのですが、今回、ちょっと弱り気味の母のコンディションが良い一日を選んで、近場の里山へハイキングに出かけることになりました。しかし天候は曇天。こんな日、普通なら中止にするところですが、なんとなくそのまま出かけ、誰もいない霧の山を登って、ごはんを食べて、帰ってくるだけの登山を決行。テンションが上がらないかと思いきや、厚い雲の下を歩く春山は、緑や花が美しく、霧もかかって幻想的な風景が見られたため、写真好きには非常に満足のいくハイキングとなりました。

登り口には八重桜が咲いていました

登り口には八重桜が咲いていました

笹倉山は「七つ森」と呼ばれる山域のひとつで、506mの低山です。しかし侮るなかれ、七つ森は結構アップダウンがあり、ロープや鎖場もあり、わりと健脚が強いられるところです。ただ笹倉山はその中でもまったく難儀な場所がなく、登山をしない姉でもらくらく登れる楽しい場所でした。

雨に濡れた植物が美しい

雨に濡れた植物が美しい

花の名前に詳しくない私。母に教えてもらったが、右耳から左耳へ素通り・・

花の名前に詳しくない私。母に教えてもらったが、右耳から左耳へ素通り・・

羊歯もゼンマイも勢い良く伸び始めていた

羊歯もゼンマイも勢い良く伸び始めていた

しかし霧で曇天。雨が降らないだけセーフ

しかし霧で曇天。雨が降らないだけセーフ

木々からしずくが滴り落ちる

木々からしずくが滴り落ちる

ヤマツツジ。今回の写真はすべてスリーピーホローの様相

ヤマツツジ。今回の写真はすべてスリーピーホローの様相

すみれの群生がこっちを向いていた

すみれの群生がこっちを向いていた

こんな天気だし誰も登っていません。うちの家族だけ・・

こんな天気だし誰も登っていません。うちの家族だけ・・

自然が作った統制

自然が作った統制

自然が作った統制その2

自然が作った統制その2

七つ森のそれぞれの山頂には、薬師如来像が祀られていて、全部が笹倉山を向いているんですって。これらの薬師如来を一日で廻る「七薬師掛け」というのが今も行われているそうですが、「七つ森スタンプラリー」という今どきっぽい行事も行われているらしい。いずれにせよ、七つ森を全部一日で廻るのは、相当な体力がいると思う(当社比)。でも東北には、老若男女の登山愛好家が多いので、絶好のアドベンチャーポイントになっていることでしょう。

頂上の祠

頂上の祠

見晴らし台のヤマツツジ。見晴らしは残念ながらゼロでした

見晴らし台のヤマツツジ。見晴らしは残念ながらゼロでした

すこーし、風が出て霧が晴れてきたもよう

すこーし、風が出て霧が晴れてきたもよう

春もみじ。雨でちょっと弱っている感じ?

春もみじ。雨でちょっと弱っている感じ?

天気が悪いのも、オツなものです

天気が悪いのも、オツなものです

日はささないけど空がだんだん明るくなってきた。緑がきれい

日はささないけど空がだんだん明るくなってきた。緑がきれい

花々も少し前向きになってきた

花々も少し前向きになってきた

二輪草も前向きになってきたぜ!

二輪草も前向きになってきたぜ!

今回のベスト造形ニスト。見事な☆を描いております

今回のベスト造形ニスト。見事な☆を描いております

ところで以前、年下の友人が、「私の家族はもうたぶんこの先、全員で集結することはないと思う」と話していたことを思い出しました。誰しも、年齢が上がってくると、それぞれにパーソナルな事情が増えてきて、場所や時間を合わせるのが難しくなってくるものですが、ひとつまたある段階を超えると、親が弱ってくるとか、子供の世話を手伝ってもらうとか、色々な事情でまた家族が集結することもあるものだと思います。こんなふうに揃ってハイキングするのも、貴重な機会になってくるんだなあと噛み締めながら、私自身が出かけられなくなることがないようにちゃんと足腰鍛えとかねばね!、と思い正す一日でした。

八重桜に戻ってきた。おつかれさまでしたー

八重桜に戻ってきた。おつかれさまでしたー

日本植物登山笹倉山

owner • 2016年5月4日


Previous Post

Next Post